ナールスヴェール UV化粧下地

日焼け止めおすすめは?

肌の老化の8割は、日焼けによる光老化です。

 

日焼け止めは、季節に関係なくぬる必要があります。

 

毎日 使う日焼け止めなら、上手に選びたいですよね。

 

25歳を過ぎた女性の肌を考えて選んでみました。

 

日焼け止めの表示を参考に考えていきましょう。

 

日焼け止め

 

日焼け止めには2種類ある

 

日焼け止めには2種類あります。

 

紫外線吸収剤:紫外線を吸収してから、放出する

 

表示がないときは、肌に伸ばすと透明になるものが
紫外線を吸収です。

 

紫外線散乱剤:紫外線を反射や散乱する

 

成分の酸化亜鉛や酸化チタンが白いので白っぽくなり
ます。

 

選ぶとき、
紫外線吸収剤は肌質によっては、赤く肌がなる
痒くなると肌トラブルの原因になります。

 

紫外線散乱剤は敏感肌お子さんなど向いてい
ます

 

ノンケミカルや紫外線吸収剤フリーの
表示があります。

 

その中でも
肌の負担の少ない紫外線散乱剤も多くあります。
より、肌のことを考えるなら
低刺激、無香料や無着色など表示だと目安に
なります。

 

一時的に肌が乾燥していても敏感になります。
バリア機能が弱まります。少しの刺激でもトラブル
の引き金になるからです。

 

日焼け止め

 

日焼け止めの使い心地は?

 

毎日使うとなると、使い心地は大切なポイント
ですよね。

 

ノンケミカルは、白浮きやキシミ感がありました。
その解消に粒子を小さくしたナノ粒子です。

 

肌への馴染みは良くなりましたが、
肌に浸透するのでは?とも言われ
ています。

 

気になる方は、
ナノ粒子不使用ノンナノ
あるとより安心です。

 

そして最後は、肌に負担なく日焼け止めを落とす
ことです。

 

専用クレンジングです。
ジェルタイプで1回の洗顔でOK!エイジング対策も
考えられています。

 

ナールスエークレンズ

 

日焼け止め

日常生活ではSPF30 PA+++まで

 

表示では、SPF30 PA+++までで十分です。

 

日焼け止め

 

紫外線は
UVA:弱いエネルギーだが皮膚の真皮にまで入り傷つけます。
シワ、たるみの原因になる光老化です。

 

波長が長いので肌細胞を傷つきメラニン色素を
生み、シミ、ソバカスを増やします。

 

UVB:エネルギーが強く、影響も大きく、
赤く腫れたり、ヒリヒリと痛みもでます。

 

SPFの表示はUVBを防ぎます。
最高値はSPFは50までです。

 

赤くなのが20分後として考えると
20×30倍=600分 時間だと10時間

 

PAはUVAを防ぎます。
++++(フォープラス)が最高です。

 

大人女性の日焼け止めは、乾燥肌になりやすいので
保湿成分もあるとなおいいです。

 

日常生活での日焼け止めまとめ

 

紫外線散乱剤で低刺激、無香料や無着色

 

SPF30 PA+++までで十分

 

ナノ粒子不使用やノンナノがあるとより安心

 

 

大人女性の日焼け止めに、ナールスヴェールUV化粧下地を
紹介します。

 

SPF40 PA+++です。
ノンケミカル、ノンバラペンで敏感肌の人にも使えます。

 

エイジングケア対策もあり
ナールゲン、ビタミンC誘導体配合
ウォータープルーフで汗にも強いです。

 

nahls Veil(ナールスヴェール)

 

ナールスヴェールUV化粧下地のお得情報

 

初回限定 25%引き 3,700円(税抜)→2,760円(税抜)
送料無料
30日間 返品、返金保証

 

乾燥知らず・白浮き知らずのUV化粧下地【nahls Veil(ナールスヴェール)】確かめる♪

page top