ナールス ヴェール

隠れシミを作らないためには

隠れシミは肌に現れていないシミのことで、

 

シミの予備軍です。

 

表皮の内部にとどまっています。

 

メラニンが蓄積されています。

 

 

ナールヴェール

 

 

そのメラニンは、

 

表皮と真皮の間にある基底層

 

メラノサイトという細胞でつくられます。

 

 

脱毛ラボホームエディション

 

 

メラノサイトは、紫外線などで肌にダメージ

 

を受けると活発には働き、メラニンをつくり

 

ます。

 

 

それが、肌の角質層まで届いて、シミとなります。

 

 

肌の内部にあり、人の目では分かりません。

 

特殊カメラを使って確認するしかありません。

 

 

シミの原因は

 

シミにはいくつかの原因があります。

 

 

避けられない原因もありますが、

 

でも、シミをつくらないようにする対策はできます。

 

 

脱毛ラボホームエディション

 

 

先ずは原因から見ていきましょう。

 

 

加齢による

 

肌のターンオーバーが加齢で遅くなります。

 

シミが多くなるのでなく、肌にとどまっている

 

状態です。

 

 

紫外線ダメージやストレス

 

シミの最大の原因は紫外線です。

 

肌の老化の80%が紫外線ともいわれていま

 

す。特にUVAは波長が長く、線維芽細胞や

 

DNAを傷つけます。

 

結果、肌のハリや弾力を失います。

 

 

ナールヴェール

 

 

女性ホルモンの乱れ

 

ストレスや疲れ、寝不足などで

 

特に、女性ホルモンであるプロゲステロンが

優位になると、メラニンが増えます

 

そのため、隠れシミが増える原因になります。

 

脱毛ラボホームエディション

シミの予防と対策

 

外側からの対策としては、肌ケアをしま

 

しょう。

 

  • 保湿をする
  • 洗顔やクレンジング
  • 美白化粧品をつける
  • 日焼け後のケアをする

 

 

体の内側からは、

 

抗酸化のための栄養素を含む食品

 

ビタミンACEを野菜や果物で摂る

 

ことです。

 

そして、

 

コラーゲンを積極的に摂る

 

体は水分が60%から70%を占めています。

 

たんぱく質が約20%です。

 

 

そのたんぱく質は、

 

コラーゲンが30%を占めています。

 

コラーゲンには、20種類ほどのタイプが

 

り、T型コラーゲンが皮膚や骨に多くあ

 

ります。

 

 

 

紫外線UVAは、肌の真皮まで届いてコラゲ

 

ナーゼを活性化させます。

 

そのコラゲナーゼとは、コラーゲンを切る

 

酵素です。

 

 

結果、コーラゲンを変性させたり、死滅さ

ます。

 

 

紫外線はコラーゲンをできにくくする

 

紫外線があたると、線維芽細胞を酸化させ

 

たり、線維芽細胞を傷つけたりします。

 

細胞の核の遺伝子が傷つき細胞が変性する。

 

 

このコラーゲンを補うのに、ゼリー、プリン、

 

杏仁豆腐などのゼラチンを含む食べ物があり

 

ますが、効率的には、むしろサプリメントが

 

有効です。

 

 

最近では効果を検証した研究や論文も増えて

 

います。

 

 

(下記は引用文です。)

実は、コラーゲンペプチドを食べると、

 

20%〜30%が完全に代謝を受けずに

 

「ペプチド」のままで血管や

 

細胞に残っていることがわかったのです。

 

 

そして、それが線維芽細胞を刺激して

 

活性化させ可能性のあることがわかっ

 

てきました。

 

 

その結果、コラーゲンペプチドを食べると

 

免疫や健康に良い効果があることが

 

理解され始めたのです。

 

 

 

コラーゲンペプチドとは、ゼラチンを酵素や

 

水でさらに分解して細かくしたものです。

 

 

コラーゲンペプチドは低分子で、

 

浸透力や吸収率が高いことが特徴です。

 

 

サプリメントに使用されている場合、

 

コラーゲンペプチドがほとんどです。

 

 

加齢や紫外線ダメージで減っている

 

コラーゲンを増やす可能性があること

 

がわかってきたのです。

 

 

また、コラーゲンペプチドとビタミンC

 

いっしょに摂ることで、

 

より高い効果が期待できます。

 

 

また、隠れシミにも

 

肌荒れの悩みを持つ女性が、コラーゲンペプ

 

チドを5.0g/日で4週間摂り続けると隠れシミ

 

が改善しました。

 

ともありました。

 

 

エイジングアカデミーを参考にさせて頂きました。

トップへ戻る